読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自動化していないAIのblog

働き方改革が行われている中、WLBを整え人生を楽しむために役に立ったことなどをゆるーく書いていきたいと思います。

フリーランス開業とともにBlogをはじめてみました。

ご挨拶

はじめまして。AIです。

2016年12月よりフリーランスをはじめました。

(とはいえ、企業所属は継続、兼業という形です)

それに伴い、情報交換の意味を込めてBlogの開設をしました。

働き方変革によるフリーランス情報や、人事(採用・人材開発中心)系ビジネス情報を中心に、婚活術等のライフスタイル情報を書いていきたいと思います。

上記でお悩みの読者様にとって少しでも為になるに場していきたいと思いますので、どうぞ、よろしくお願いします。

 

広告代理店から始まった社会人人生

まずは、私の経歴をご紹介します。

大学時代、学内スポーツ新聞編集長をしていて、感動をマスに伝える喜びを仕事にしたいと思い、卒業後人材広告代理店営業として社会人人生が始まりました。

クライアントの採用課題を求人広告で解決する営業を1年、媒体進行管理・審査業務を半年と、HR業界ですくすく成長していきました。

が、リーマンショック到来。(どんまい)

HR事業部で再び営業に戻るか、グループ会社の観光事業部で営業企画・管理に挑戦するか、はたまた転職するかを求められました。

根性論で売上を作るプレイヤーに戻ることより、売上を作るプレイヤーを育てる仕組みや基盤を築くサポーターの経験をしたいと思い、営業企画を選びました。大手観光雑誌を中心に、ライフスタイル誌などの出稿枠調整や連合広告等の企画・台割管理・営業目標設計を行う仕事で、とても楽しかったです。Rep(広告買切)企画のプロジェクトリーダーも担当させていただき、チームとして目標達成できたことは良い経験になりました。

その後、過労により体調不良となり止む無く退職。。

朝から晩まで&土日も稀に返上する働き方が合わないと感じ、

一度休憩も兼ねて、大手広告代理店の総務に派遣社員として転職しました。

 

襲いかかるキャリアへの不安

大手広告代理店で必要なスキルは下記2つでした。

・言われたことをひたすら正確に処理していくスキル

・明るく笑顔で楽しく仕事をする環境を作るスキル

何も難しいことはなく、毎日が楽しく、ごきげんでした。

毎日定時でほぼ帰宅、残業しても月5時間以内。

仲間は良い人が多く、毎日楽しく飲み会。

もちろん仕事はちゃんとしているもの、こんな楽しい仕事(職場?)ってあるのかと思うくらいパラダイスな時間を過ごしました。

しかし、自分の成長に対して不安はありました。

ー最長3年の雇用形態のため、果たして3年後自分はどうなるのだろうか?

ーこんなにぬくぬくしていて大丈夫だろうか?

ー結婚しないで一人で生きていくとなるとどう生計を立てていけるのだろうか?

当時28歳。正社員で会社の基盤として内部の人をサポートするスタッフ職になりたいということ以外は何も考えていない私は、悩みました。

安定を求め、大手メーカーのスタッフ職を受験するも経歴でNG。

大手情報サービスの営業職の仕事やベンチャー企業のスタッフ職として内定をいただくことはできましたが、労働時間の観点より体調管理が不安で辞退。

そこで出会った会社が現職でした。

 

人生のターニングポイントである現職との出会い

大手企業に分類される事業会社ですが、ベンチャー気質を持ち、働いている仲間も面白い。

(「お前はどうしたいの?」「なんで?」と常に聞かれるあの会社です)

雇用形態は当時事務職と呼ばれている契約社員でしたが、職務がスタッフ職であること、自分の将来を一緒に考えてくれる仲間がいることより入社を決意しました。

そこで中途採用運用業務を中心に4年間ひたすら採用しまくる人生が始まりました。

始めは企画職採用がメインだったのですが、入社4ヶ月目に新規事業に伴う内製エンジニア組織を作ることになりエンジニア採用が追加。翌年は新卒の営業採用・翌々年は新卒の企画職採用等幅広いミッションをいただくことになりました。

(書きたいこと満載なので詳細はまた今度)

現職と出会ったことで、「やりたいこと」と「人生プラン」が見えてきました。

人に寄り添いたい私は「人事(採用〜人材開発〜制度企画〜評価・考課)を横串で担えるスペシャリストになりたい」と思うようになりました。

また、仕事が好きだと感じた私は一生仕事をしていく覚悟を持ちました。

ー仕事か家庭か?いや、仕事と家庭だ!

現職はリモートワークや兼業等個人の働き方を尊重してくれます。

ー時間と場所を縛らず生産性を高めて成果を出す、まさに改革!!

ー将来、時間を上手に使い、全てを充実させたい!

ーそのためにも自分の力をもっとつけたい!

そう思った私は、ついにフリーランスに興味を持ち始めます。

会社名ではなく、自分の名前で仕事をしていきたいと考え始めました。

 

フリーランス開業のきっかけ

その頃から、スタートアップ・ネット系ベンチャー企業のmeetupなどに参加し、外の世界に出るようになりました。

そこで出会ったのが、現在フリーランスをお手伝いすることになる企業メンバーの方でした。今やっていること、今後やりたいこと等をお話しした結果、CEOと繋いでいただけました。単発PRJで提案しようと思っていましたが、会話をしていくうちに数ヶ月の中期PRJとしてお話頂きました。いつかはフリーランスで…とゆるーく考えていたのですが、翌月より稼働するというスピード感。チャンスはいつも転がっているのだと改めて感じました。

CEOのビジョンやお人柄は本当に素敵で、この人達と働きたいと心から思うことができます。初体験なのでどこまでできるかは未知数ですが、クライアントの力になりたいです。また、自分自身どこまで成長できるかも楽しみです。

 

長くなりましたが、そんなこんなで、会社の看板に頼らず自分の名前で生きていく挑戦が始まりました。

併せてBlogもはじめてみました。

ご覧いただきありがとうございましたm(_ _)m